高タンパク低脂肪の「ささみ」はダイエット中におすすめの食材?

ダイエット中は食生活を気をつけることばかり考えがちですが、太りにくい体づくりをするためにもぜひ筋トレを取り入れてほしいです。筋トレは辛いイメージがあるかもしれませんが、食事制限に筋トレを併用することで代謝の良い体になりますし筋肉を作り上げることができます。

 

食事は低カロリー高たんぱくな食材を積極的に摂りましょう。たんぱく質が豊富なダイエット食の定番がささみです。

 

ささみがおすすめな理由はカロリーが低い上、良質なたんぱく質が摂れるからです。肉は全般的にたんぱく質が豊富ですが、脂身の多い部分は高カロリーなためダイエット中には不向きです。食べる際は蒸し料理にすると余分な脂を取り除くことができます。

 

肉以外にも大豆製品や魚、卵などたんぱく質が豊富な食材はダイエット中におすすめです。

 

筋トレは最初からハードなトレーニングをすると疲労回復に時間がかかりますし、続けるのが困難になります。最初は無理をせずできる範囲で少ない回数から始めましょう。徐々に筋トレに慣れてきたら一つのトレーニングを10回1セットとして毎日3セットは行って下さい。物足りなさを感じたら負荷を上げたトレーニングを追加していきましょう。

 

毎日筋トレを続けるとオーバートレーニングになります。3〜4日間筋トレを続けたら2日間程度トレーニングをお休みすると疲労回復ができて筋肉がつきやすくなります。このトレーニングの継続と休息の間隔は個人差もありますので毎日自分の体をチェックしながら考えると良いでしょう。

 

疲労回復をするためにも食事は1日3食摂り、十分に睡眠時間も確保しましょう。筋肉がつくと体の代謝がよくなりますので太りにくくなります。最初のうちは筋肉の重さで体重が増えてしまうこともありますが、筋肉の体重増加は気にしなくて大丈夫です。ダイエットは最初の1週間を乗り越えるとラクになります。継続することで筋肉がつき、代謝もアップしますので目標を決めて実行しましょう。