ご飯をさつまいもで置き換える?「さつまいもダイエット」の方法

さつまいもダイエットは空腹に耐えることなく、美味しくできるダイエット方法として人気が高いダイエット方法です。
さつまいもダイエットのやり方は、ご飯をさつまいもに置き換えるというダイエット法です。
ご飯をさつまいもに置き換えるときは1回で150gが目安になります。
このダイエットを行うときは、さつまいも以外のものは特に制限されていないので、好きなものを食べることができます。

 

さつまいもは皮ごと食べることができます。
皮には栄養が豊富に含まれているので皮ごとが苦手だという人も栄養を摂るために皮ごと食べる習慣をつけてみてはいかがでしょうか。

 

さつまいもは甘味がある炭水化物なので、カロリーが高いというイメージがありますが、白米よりもカロリーが低いので、置き換えるだけでカロリーを抑えることができます。
さつまいもは、炭水化物の中でも消化のスピードが遅く、食物繊維を多く含んでいるので便秘解消の効果も期待することができます。
便秘が解消されるとお腹周りがスッキリとなり、肌荒れの改善など美肌効果も期待することができます。
また、食物繊維が多い食べ物は腹持ちが良いので、満腹感も感じることができることから食べ過ぎも防止することができます。
食物繊維は熱を加えても効果は変わらないので、好きな調理方法で食べることができます。

 

さつまいもには、クロロゲン酸というという成分が含まれています。
さつまいもを切ると切り口に黒っぽいつぶが現ることがあります。
これはクロロゲン酸というポリフェノールの作用によるものです。
クロロゲン酸には、糖分の吸収もを防ぐ作用や血圧の上昇を抑える作用、シミを抑える作用などがあります。

 

さつまいもは、炭水化物の中ではカロリーが低く消化に良い食べ物ですが、食べ過ぎると太ってしまうことがあるので、注意が必要です。
1回あたりの量をしっかり守ってダイエット行うようにしましょう。
お腹が弱いという人もさつまいもは消化に良い食べ物なので、安心して摂ることができます。
さつまいもダイエットで美味しく健康的にダイエットを行いましょう。