縄跳びって有酸素運動?ダイエット効果は?

縄跳びを行うことは、有酸素運動にもなり、無酸素運動にもなります。その違いは、運動の強度を変えやすいために、縄跳びの運動の種類は、有酸素にも無酸素うにもなるのです。

 

有酸素運動として行う縄跳びは消費カロリーが優れており、ジョギングよりも多くの消費カロリーがあります。そのため、脂肪を燃やすための有酸素運動を選ぶのならば、縄跳びがそれほど多くのスペースを使用しないために優れています。

 

縄跳びのメリットとしては、下半身に対しての負担が強いということです。ジャンプの動作を何回も行うために、下半身を中心として全身を利用することになります。そのため、筋トレや運動の習慣が無い人にとっては、縄跳びを行うだけで、かなりの運動となるために、太ももやふくらはぎの筋トレとなってくれるのです。

 

縄跳びは脂肪を燃焼させることにも役立ちます。消費カロリーが高いことも要因ですが、心拍数を向上させやすいことも要因です。同じ消費カロリーであったとしても、脂肪をエネルギーとして利用しやすい心拍数があります。最大心拍数の75パーセントほどを維持すると、脂肪をエネルギーとして利用しやすいのです。ジョギングでも最終的にはこの数値まで向上させることができますが、縄跳びのメリットとしては、この数値まで上昇するまでかかる時間が短いということです。なので時間を有効に使用することができます。

 

縄跳びは下半身を大きく使うために、ふくらはぎを細くすることができます。またふくらはぎだけではなく、有酸素的に行うことで、太ももを補足することにも役に立つのです。

 

縄跳びを無酸素的に行う場合は、下半身の筋トレを行うことができます。できる限り早く縄を回し、そして限界まで飛び続ける、ということを行うと、白筋を大きく使用するために、筋肉を鍛えることができるのです。筋トレ的に縄跳びを行うと、乳酸が発生し、成長ホルモンが多く分泌されるため、脂肪の分解に役立ってくれます。